保育士免許取得の条件!

保育士免許は、国家資格であるために取得が難しいとされています。しかし、他の試験に比べると受験資格がほとんどなく、専門的な知識も独学で勉強すれば、特に問題ありません。そのために、最近では社会人として働きつつ、保育士に転職を考えている人たちが、勉強をするといったこともあります。筆記試験と実技試験に分けられるのですが、どちらも専門的な内容ですので、相応な勉強が必要になってきますよ。そのため、免許取得には施設を利用するとよいでしょう。

短大で免許取得をする!

保育士免許を取得したいと思っている人は、短大に通うとよいでしょう。最近では、夜間も開講している短大もありますから、社会人でも充分通うことができますよ。短大では、保育士になるための基本的な知識を教えています。四年制大学で勉強するようなことはほとんどなく、子供目線での授業が行われていきます。また、資格取得に有利になるように、国家試験の日程が近づくと、試験対策も行ってくれるために、通って損はありませんよね。

短大が行っている支援について!

短大では、保育士になるために様々な支援を行っていることがあります。その一つとして、国家試験の免除です。これは、短大を卒業するだけで保育士免許を取得することができるという画期的な支援です。しかし、ただ卒業するだけでは取得することはできませんよ。まず、短大で指定された日数の実習に参加することが必要になってきます。短大によって時間は変わってくるのですが、実習に参加すると確実に保育士免許を取得できますから、利用しておきたいですね。

保育園での求人は社員雇用を前提にしているところが多いので子供が好きで子供と触れ合う仕事をするなら最適な環境です。