保育士になる方法について

保育士になるにはどうしたらいいのでしょうか?その方法についてご紹介します。保育士になるには、保育士過程のある4年制大学や短大、専門学校や保育士養成施設などに通学することが必要です。中には、夜間通学や通信教育などを設けてある学校もありますので、普段仕事をしながらでも保育士の資格習得を目指せます。その他にも、保育過程のない短大を卒業または卒業見込みの場合や、中学校卒業でも児童福祉施設で5年以上の実務経験がある場合や、高校卒業でも児童福祉施設で2年以上の実務経験がある場合は、保育士試験を受験することができます。実務経験とは、1日6時間以上の勤務で1ヶ月間に20日以上勤務した場合を指します。このように、保育士になるには様々な方法があります。

持っておきたい資格について

保育士資格はもちろんですが、さらに持っていると有利な資格があります。では一体どんな資格があるのか、ご紹介していきます。それは、幼稚園教諭免許や、小学校教諭免許や、養護教諭免許などの教師免許です。やはり、子供の教育にたずさわる仕事ですので、教師免許は持っていて非常に有利です。実際に面接を受けに行った際に注目されるポイントとなります。その他にも持っておきたい資格を挙げると、普通自動車運転免許です。普通自動車運転免許は仕事以外にも便利な資格ですので、持っておいてもいいのではないでしょうか。

保育士になる場合の注意点

保育士になる際、見落としがちな重要な注意点があります。それは、保育士資格を取得しただけでは保育士として認められないという事です。国家試験に合格して「保育士登録」をしなければなりません。保育士登録が承認された時点で保育士として認められますので、これだけは忘れずに必ずおこなっておきましょう。このように、保育士への道は決して簡単な道のりではないですが、晴れて保育士になれた時には大きな自信になることでしょう。そして、何よりも子供達を笑顔にできる素敵な仕事です。そんな素敵な保育士は、社会にとって誇れる仕事ですね。

育児をしながら仕事を続けている女性が増加していることに伴い、保育園の需要が増え、保育園の求人も増えつつあります。